50代からでもバイオリンをやってみたいけど、バイオリンがうまくなるはずがない・・」

「バイオリンで好きな曲を弾くのなんて無理」

 と悩んでいませんか?

50代からのバイオリンレッスンを受けるだけでバイオリンが上達し

周りの人に一目置かれるようになるレッスンがあります。

 

ほぼ19歳からバイオリンをはじめて、世界で活躍してきた演奏者と共演できるようになるまでに上達した私が、お伝えするレッスンなので、どなたでも上達できその上達できる秘訣をお伝え致します。

 

バイオリンは人前で演奏することができるようになります

ここでは、バイオリンをやってみたいという方で、バイオリンで好きな曲を演奏するなんて、「無理」と思っている方にむけて作成しました。

 

音楽未経験者が自宅で簡単な練習をやるだけで、

バイオリンを人前で演奏することができる、秘訣を公開しています。

 

もしあなたが、バイオリンが上達するのは難しいとおもっていらっしゃるのであれば、最後まで読み進めてください。

 

もしかしてあなたはバイオリンをはじめてみたいけど、次のようなことで悩んでらっしゃいませんか?

☑50歳からバイオリンをやろうと思うなんて、そんなの無理だわ

小さい頃からバイオリンやってないと上達できないと思う

バイオリンって難しいイメージがあるから、私には無理だわ

☑人前で演奏するなんてめっそうもない…

バイオリンは皇族とか経営者のようなセレブな人だけがやるものじゃない?

バイオリンって無理な姿勢なんでしょ?肩がこりそう

バイオリンってはじめるだけでも何10万もかかるんじゃない?

☑バイオリンをやってみたいけど、そもそも楽器がない…

趣味が何もない…

年をとることが不安…

無理な運動なんて無理…

☑バイオリンは大きな音が出るからうちでは練習できない…

☑バイオリンが続けれるかどうか心配…

☑時間がなくてレッスンにいくことができない…

☑バイオリンを続けれる自信がない…

☑音感、リズム感がない…

☑楽譜がよめない…

☑オーケストラで演奏してみたいけど、そんなの夢のまた夢…

 

 

これらも確かに重要ではありますが、私の方法を実践していただければ、簡単にバイオリンが上達します。

その理由をこれからお伝えいたしますので、今から3分だけこのサイトを読みすすめていただけたらと思います。

 

はじめまして

 

バイオリニストの小田弘明(おだQ たろう)と申します

▲結婚式で演奏した時の写真です
▲結婚式で演奏した時の写真です

私は10年ほど精神科医療に看護師として従事してきて、それらで用いた患者さんに使用する技術を自分に使用することで、バイオリンド素人だった私が、結婚式など人々の人生の節目になるような場面で演奏することができるようになりました。

 

某楽団でコンサートマスター(バイオリンで1番のポジション)を務め、現在は世界で活躍するアーティストと共演したり、ラジオなどのメディアに出演したりするようになりました。

 

医療系出身のため、人々に感動を伝える演奏に定評あります。

そして自身がバイオリンド素人だったからこそ、バイオリン初心者の気持ちがわかり、また患者さんの近くに寄り添った経験があったからこそ、一緒に成長していくというスタイルの指導法をとっております。

 

世界で活躍する方々からも推薦の声をもらっています。

石井里奈さん(ピアニスト)

「小田さんは小さい頃からバイオリンをやっている方だと思ってました…

こんなに上達した人は今までみたことがありません!

 

いろいろなジャンルの曲もしっているし、50代からでもバイオリンをやりたい方には、とても参考になると思います。」

▲アメリカで修行してきた石井里奈さんです
▲アメリカで修行してきた石井里奈さんです

【経歴】

愛知県出身

1995年渡米、ミシガン州私立インターロッケン芸術高校卒業。

1998年オハイオ州クリーヴランド音楽院ピアノ演奏科入学、2002年に卒業。

 

同年、南カリフォルニア大学音楽部大学院ピアノ演奏科入学、満場一致の最優秀にて卒業。併せてピアノ演奏専攻ディプロマ取得。

 

奨学生としてインターロッケン音楽祭に3度参加、その他にもコロラド州アスペン音楽祭、カリフォルニアサマー音楽祭、カナダオーフォード音楽祭に参加。

1998年にはインターロッケン音楽祭にて、コンチェルト(協奏曲)コンクール優勝。オーケストラと共演、ヴァンクライバーン賞を受賞。

インターロッケン音楽祭とアスペン音楽祭では、ジョン・ペリー、ヨシカズ・ナガイ各氏の公開レッスンを3度受講した他、各音楽祭の定期演奏会等に出演。

 

高校在学中より積極的に室内楽にも取り組み、ピアノ3重奏、ピアノ5重奏、声楽・管弦楽器の伴奏をこなし、数多くのコンサートに出演。

クラシックピアノの中でも、 古典派・ロマン派を得意とし、これまでに、アメリカで6度、日本で3度のソロリサイタルを開催し、好評を得る。

これまでにピアノを、故 松岡晴子、松岡三恵、ベンジャミン・ユー、スティーブン・ペリー、ポール・シェンリー、キャサリン・ブラウン、ジョン・ペリー各氏に、室内楽をエリザーベト・クッフェラート、ピーター・サラフ、ダニエル・シャピロ, キャサリン・ブラウン各氏に師事。

 

 

現在、ソロをはじめ、室内楽等で東海地方を中心に活動中。日本語・英語での解説によるクラシック講座を積極的に開く。演奏活動の傍ら、後輩の指導にも力を注いでいる。

 

このように世界で活躍してきたアーティストからもお声をいただいています。

 

 

私がバイオリンレッスンをはじめた理由

私がバイオリンレッスンを立ち上げた理由は非常に簡単です

バイオリンをはじめる前は、世界的にご活躍された方と共演するなんて、夢の夢だと思ってました。

 

しかし夢の夢は現実のものとなりました。

「でも、そこまで上達したのには才能があったんじゃないの?」

という声がちらほら聞こえてきますが、問題ありません。

 

本当にバイオリンド素人だったのです。

しいていうのであれば、バイオリンを16歳で少しはじめましたが、当時は難しいと思って、すぐにやめてしまいました。

 

レッスンにいったのに、レッスンの先生のところにもいかなくなりました。

せっかく高いバイオリンを、小遣いためて買ったのに…

 

だからこそ

「大人からはバイオリンは上達できない」

そう強く思っていました。

 

しかしこれらの悩みを解決しようと、10年以上のバイオリン歴で、研究を重ねてきました。

 

世に出回っているバイオリン上達法をためしたり、様々な先生のレッスンに習いに行きました。

 

「なぜこんなにバイオリン上達の方法がいわれているのに、いまだにバイオリンは難しい楽器といわれるのか?」

「バイオリンの先生はいるはずなのに、大人からはじめてバイオリンが人前でバリバリと弾けれるような人があまりみかけられないのはなぜなのか?」

「現在いらっしゃるバイオリンの先生は、大人からバイオリンをはじめたい方に伝えられないのではないか?」

そう思うようになりました。

 

そしてこの10年以上のバイオリン経験で、

私は「大人からバイオリンをはじめた私でも、上達できる“あるノウハウ”」に気が付くことができました。

 

他の分野を勉強してきた自分だからこそ、自分には確かな自信がありました。

 

この方法ならば、大人からバイオリンをはじめた方でも、バイオリンを人前で演奏させれるくらい上達させれる!

 

バイオリンド素人からのスタートだったので、

 

自身が上達してきた過程を凝縮したものを皆様にお伝えすれば、バイオリンが人前で演奏できるだろうと思いました。

自身がバイオリンド素人からのスタートだったので、「小さいころからの音楽経験・才能・年齢」などは全く関係なく上達できるということを証明したい。

こう思うようになりました。

そのあとから、その自身の考えに同調していただいた方が、レッスンを習いにきて、それから私のバイオリン上達法が噂を呼び、口コミでレッスンをやってみたいという方が、いらっしゃるようになりました。

 

バイオリンの上達は、才能ではありません。

 

「なぜ、同じ人間なのに、バイオリンが上達する人と、上達しない人の違いがあるのか?」

疑問に思ったことはありませんか?

 

それは、ほんのちょっと秘訣を知っているかいないかの差なのです。

 

 

今まで常識だと思っていた練習方法とは、全く違う方法があります。

 

あなたも一度は言われたことがあると思います。

 

「バイオリンが上手になりたかったら、とにかく練習しましょう」と。

 

練習してみれば、練習さえ続けていれば、バイオリンが上達するというわけではありません。

 

継続していれば上達すると思いますが、それだけでは足りません。

では間違っていた方法を継続していたらどうでしょうか?

 

間違った方向性にどんどんすすんでしまいますよね?

これでは上達とはほど遠くなります。

つまり継続するだけでは、不十分なのです。

 

大人から初心者がバイオリンを上達できない理由には大きく3つの理由があります。

  リズム、音程をとることができない

  大人ならではの練習方法を知らない

  上達できないと思い込んでおり、継続できない

 

 

これらの原因を克服しなければ、たくさん練習していても何も変わらないのです。

イメージしてみてください。腰痛を治すために、花粉症の薬をたくさん飲むようなものです。

これでは治りませんね。

 

原因が治っていないので、むしろ花粉症の薬を飲みすぎて、眠くなってしまい、やることが困難になってしまいます。

 

バイオリンが上達したければ、正しい指導を受けてください。

 

あなたは音楽未経験で上達した方から指導を受けたことがありますか?

ほとんどの方は、指導を受けたことがないと思います。

 

「正しい方法」で、練習を行えばバイオリンは人前で演奏できるほど、上達できます。

 

 

大人からのバイオリン上達法は3つのステップで克服できます。

 

ステップ1

自分は上達できないのではないか?という考え方を変える。

ステップ2

大人ならではの練習方法をする

ステップ3

継続力

 

それでは、それぞれの練習方法を順番に紹介致します。

 

ステップ1

バイオリンが上達するためには、まず考え方を変える必要があります。

なぜなら行動原理というものがあり、考え方が行動に影響を及ぼすのです。

 

たとえばコーヒーを見たときに、「飲む人」「飲まない人」に分かれるのはなぜでしょう?

そうです。

「飲む人」は「おいしそう」とか「リラックスできそう」とかを普段意識しませんが、そういう考え方が「飲む」という行動に影響を及ぼしています。

しかし「飲まない人」というのは、「まずそう」とか「体に悪い」とかそのような考え方をしてしまっているのです。

 

一方で重度のうつ病の方は、いつも「死にたい」「死ぬにはどうすればいいのだろうか?」などのことをずっと考えているため、そのような行動に陥ってしまいます。

 

そのような考え方を、適切な考え方にするときに、自身が約10年精神科医療で培ってきたノウハウを使用することにより、無理なくバイオリン上達ができる考え方になっていきます。

 

つまり「大人からバイオリンをはじめても上達できる」とか「人前で演奏するのが苦にならない。むしろ楽しい」といった風に考え方が変化し、その結果人前で演奏できるようになるのです。

 

大人からバイオリンをはじめる方はまず、このバイオリンが上達するにあたっての、考え方を身につけることによって、バイオリンを上達することができます。

 

ステップ2

大人ならではの練習の仕方をする

 

音楽未経験だと音楽経験が十分にある方と比較して、1番大きな差は、「音感」「リズム感」になります。

「音感」とは音を聞いたときに、「これは何の音?」と認識することです。

バイオリンを始めた当初は、正直私は全くわからず、「ド」の音は「どの音」ですか?と聞いていたくらいです。

バイオリンはピアノや、ギターのようにその音を押せば、その音が出るわけではありません。

つまり自分で音を作っていく必要があるのです。

 

一方「リズム感」というものは、曲を聴いたときに、これが1拍目だな、これが2拍目だなとわかるようになるような能力です。裏打ちという特殊なリズムもすごく重要です。

このように「音感」「リズム感」が全くなかった私でも、現在は、この練習法をやることにより、問題なくできるようになりました。

 

そしてその練習法とは、ロジカルシンキングです。

ロジカルシンキングとは、現状を分析する能力です。

どこにできない原因があるかを論理的に把握する能力です。

この方法を用いることで、圧倒的に上達できます。

 

ステップ3

継続力

バイオリンは継続していれば決してうまくなるわけではなく、ステップ1、ステップ2のような手順を踏まえたうえで継続することが、効果のある継続につながります。

 

いくら素敵な練習をしていても、1分を1回やっただけでは上達することはできません。

1分でもしっかりとしたやり方で継続することが、上達につながります。

 

普通は何かをやろうとしたとき、モチベーションが下がったりと、継続ができなかったりします。

しかし何かやると決めたことを、年間350日以上の圧倒的継続力を持つ私が、学習行動、行動原理に基づいて、科学的にアプローチし、バイオリンに必要な最低限の継続する秘訣をお伝え致します。

 

まるで「歯磨きをするような感覚で」バイオリンを継続することができます。

 

そしてこの3つのステップ通りにするだけで、バイオリンはメキメキと上達することができるようになります。

 

あなたはいつまでバイオリンが上達できない?と悩むのですか?

 

☑バイオリンが上達して、人前で演奏したい

☑結婚式などで音で自分の気持ちを伝えたい

☑自分のことを忘れないようにさせたい

☑バイオリンを弾いて素敵な人を振り向かせたい

 

このような想いを持つ方は非常に多いです。

 

しかしどうやったらバイオリンが上達できるのか?あきらめてしまっている方がほとんどです。

 

バイオリンが上達できる人と、できない人の差は、正しい練習法を「知っているか」「知らないか」の差になります。

 

生まれつきの才能とか、音感、リズム感などは全く問題ありません。それらは身につけることができます。

 

事実、私が音感なし、リズム感なし、音楽未経験、「ド」の音は「どの音ですか?」と言っていた自分だからお伝えできます。

 

「努力はしているんだけど、上達できない・・・」

これは練習量の問題ではなく、正しい練習方法を、ただ「知らない」だけなのです。

 

逆を言えば正しい練習方法を知っていれば、どなたでも人前で演奏できるくらいの、バイオリン上達法が学べるのです。

 

「涙を流してきいていただいた介護施設の方」

「新入社員が何人もいるのに、自分のことを一発で名前を覚えてもらえる」

「私たちの結婚式で演奏してくれてありがとう。何年たった今でも素敵だったのを昨日のことのように覚えているよ」

「嵐のようにふりそそぐ観客からの拍手」

 

などの嬉しい声を、間近で聞けるようになるのです。

 

それで、あなたは「どうすれば、そのようなバイオリンが上達できる練習方法を教えてもらえるのか?」そう思っていることでしょう。

 

正しい練習をすれば、バイオリンは上達できる

このレッスンでは、バイオリン上達のために、有用な以下の内容をお伝えしております。

 

🎶よい音を出すときの『姿勢』を完全解説

 バイオリンを演奏するときの姿勢は特殊な姿勢です。まず日常生活ではしない姿勢で、多くの方が、構え方、姿勢でつまづいてしまいます。

 姿勢をよくすることによって、体に負担をかけずに楽に演奏することができ、そして良い音をだすことができます。

まるで立って呼吸しているだけのように、体に優しいバイオリンの姿勢をお伝えします。

 

🎶どの練習をすればいいのか?厳選した内容

 大人からバイオリンを始めたりすると、子供のころからやっていないため、練習する教本などが膨大な量になります。

 そこで私が必要だと思った練習内容を凝縮して、独自の練習曲を作りました。

 その練習の仕方と練習内容をお伝え致します

 

🎶考え方をかえるとっておきの方法

 精神科医療現場で10年程の実践経験が看護師として私が、普段うつ病の患者さんに使うようなプラスの思考の訓練の仕方をお伝えいたします。

 これを医療的バックグランドがあり、実際に経験してきているからこそ、お伝えできるかと思われます。

 

🎶音程がちゃんとできる秘訣

 バイオリンはピアノやギターみたいに、その音をならせばその音がでるようになるわけではありません。

チューニングの段階から自分で音程を作っていく必要があるのです。

 しかし安心してください。最初は全く音程がわからなかった私ですが、チューニングの仕方、音程のとり方には秘訣があるので、それをお伝えします。

 

🎶バイオリン上達にやってはいけないポイント

 力をいれまくってバイオリンを弾いたりすると、確実に体を痛めてしまいます。バイオリンは100歳になっても弾くことができ、また年齢をかさねれば重ねるほど、音楽が熟成してきます。つまり長く続けれるような弾き方をすれば、その音楽の熟成が濃くなるのです。

 バイオリン上達にとってやってはいけない、姿勢などそれらをしっかりとお伝えしたいと思います。

🎶音程をとるための最重要テクニック

「音と音との距離を理解すること」と「手の形」が非常に重要になります。

音程がとれれば、バイオリンで音痴の克服もできてしまいます。

「音と音との教理を理解すること」と「手の形」を学ぶことがなぜ、音痴を音痴を治せるのか?

そしてその解決方法もお伝え致します。

 

🎶時間管理の方法

 よくあるのが練習の時間が作れない、なかなか練習できないという方がいますが、単純に時間の作り方を「知らない」だけなのです。

 バイオリン上達に必要な時間管理の方法をお伝えします。

 

🎶初見力の向上

 「初見力」とは初めて見た楽譜をその場で弾ける能力のことです。

この初見力が強いと、全く知らないメンバーとも、初めて会ったときに、楽譜を通せばいきなり合わすことができてしまいます。

 この初見力向上の秘訣をお伝え致します。

 

🎶正しい練習方法とは?

 大人からはじめた初心者だからこそ伝えれる、バイオリン初心者上達法をお伝え致します。

 

底辺だった自分だからお伝えできる、「最短」「最速」「最良」な、バイオリン上達法をお伝え致します。

 

🎵1日限定5名様までのレッスンなので、丁寧にお伝えすることができます。

 

♪追加で音楽史や音楽理論、継続の仕方などを学ぶこともできます。基本的なものは各コースに含まれています。

 

🎶どの練習をすればいいのか?厳選した内容

 大人からバイオリンを始めたりすると、子供のころからやっていないため、練習する教本などが膨大な量になります。

 そこで私が必要だと思った練習内容を凝縮して、独自の練習曲を作りました。

 その練習の仕方と練習内容をお伝え致します

 

♪バイオリンをはじめて最初はチューニングをすることに困ってしまうかもしれませんが、簡単にチューニングできるノウハウをお伝えします。

 

🎶体験レッスンの際にカウンセリングをし、どのコースがよいのか選択できます。

コースを選択することによって、ご本人様の目標の希望に合わせたコースを選ぶことができます。

そして選べれるコースは3コースになります。

 

■通常コース(一般のバイオリン教室での指導法)

一般のバイオリン教室で教えているような内容をお伝えします。

大人からの特殊な指導法はほんの1部だけ含まれています。

 

■初級コース (身内に1曲披露コース)

大人からバイオリンをはじめて、主に4か月後には身内に対して発表できることを目標としています。

楽譜の読み方やリズムのとり方、チューニングの仕方正しい姿勢などを強化的に学びます。

 

■中級コース(バンド、オーケストラで演奏コース)

主に6か月後にはバンドでの演奏、1年後にはオーケストラで演奏

 

することを目標としています。

▲バンドのイメージ画像です
▲バンドのイメージ画像です

人と合わせることにより、バンドの特性、あるいはオーケストラの特性なども勉強します。

6か月後にはバンドで演奏するということをします。バンドはこちらで準備致します。

                      

 

■上級コース(ソリストコース)

3年以内に現在の小田がやっているようなことができるようになることを目標とします。

たとえば、ピアニストと一緒にどこかの企業のセレモニーで演奏するとか、依頼をうけて演奏します。

依頼者から演奏費をいただいて演奏するコースです。

 

🎶このほかにもさまざまなコースを追加で受けることができます。

 

🎶特別講座

以下のものが特別講座としてあります。

 

各コースに以下の内容が盛り込んでありますが、足りないと思ったら、別枠で受講することが可能です。

 

受講の仕方は、Skypeでも可能です。

資料はパソコンや、お会いした時、あるいは郵送でお送り致します。

 

また私のバイオリンレッスンを受講しなくても、他のレッスンを受講していて、これだけ受けたいということでありましたら、そのような受講の仕方も可能です。

 

何かあれば、以下お問い合わせまでご連絡いただけたらと思います。

 

503000円となります。

 

楽譜がよめるコース(全2回)

 

503000円となります。

バイオリンをやるにあたって、大きなハードルになるのが、楽譜を読むことです。

 

楽譜がよめるようになることにより、どのような曲も楽譜をみれば弾くことができるようになります。

 

それほどまでに楽譜を読めることは武器になります。

バイオリンをはじめて楽譜を読めるようになってみませんか?

 

 

音楽史コース(全2回)

1回のレッスン

 

 

音楽家にとって必要最低限の音楽史をお伝え致します。

 

ベートーベン、ショパン、モーツァルト、チャイコフスキーといった、クラシック的なものから、ポップス、ジャズ、演歌などさまざまなジャンルをご説明させていただきます。

 

Skypeでのレッスンも承ります

 

 

音楽理論コース(全5回)

1回のレッスン

503000円となります。

 

音楽家にとって必要最低限の音楽の知識をお伝えします。

 

たとえば

1.楽譜の読み方

2.スコアの読み方

3.3度って?短3度って?・・・

4.ハモルって何?なんであんなことできるの?

5.音楽記号の最低限の知識

などなど

 

Skypeでのレッスンも承ります

楽器説明コース(全1回)

1回のレッスン

503000円となります。

 

バイオリンやってるんだけど、バイオリンのことを全然しらない・・・

友人にバイオリンのこときかれたけど・・・全然こたえられなかった。

 

他の楽器の特徴がわからない・・・

弦楽器だけでなく、管楽器など・・・

結構相手の楽器のことを考えず無理をいってしまうのは、このような相手の楽器の特性を理解していないことが多いのです。

 

これらの悩みを解決致します。

 

Skypeでのレッスンも承ります。

メンタルマネジメントコース(全5回)

1レッスン 20,000円となります

 

ここでは楽器を弾くに当たって、必要なメンタル面の強化に努めます

 

楽器とメンタル?何か関係ないような気が・・・

 

おおいに関係があります

何故メンタルの強化が必要か?

 

【メンタル面の強化が必要な理由】

1.人前で演奏するので、緊張してしまう

⇒緊張しすぎて本来の力が発揮できません

 

2.人から批判されまくる(「あの人ってへたくそだよねぇー」などの言葉あり)

⇒下手したらうつなどの、精神的疾患になり、音楽どころか生活するのも大変になります。

 

3.忙しいスケジュールの中でやり続けなければならない

⇒忙しすぎるとメンタルやられます。ですが基礎練習などは上達には不可欠です。

 

4.様々なアーティストや他の業種とのコミュニケーション

⇒音楽の成功には人とのコミュニケーションが非常に重要になります。音楽だけをしていればいいわけではなく、人とのつながりが重要になります。でも人と話すのが辛い場合もあります。「わかってるけど・・・でもできない」これらの悩み解決になります。

 

5.経済的に厳しい

⇒ほとんどの音楽家は見かけは素敵そうに見えても、その業界で食べていけるのはごく一部のアーティストのみです。人間は経済的に厳しいと、ほぼ確実にメンタルがやられます。

 

Skypeでのレッスンも承ります。

継続術初級コース(全10回) 

1レッスン20,000円となります

 

バイオリンが上達する一番良い方法は

「上達するまでやめないこと」

これにつきます。

 

しかし継続するというのはとても大変で、並大抵のことではありません。

 

これらのノウハウを小田がまとめた、「継続術」というの考案致しました。

 

継続術には初級、中級、上級、インストラクターコースがありますが、バイオリンで使用する継続術は初級までで十分だと思われます。

 

初級は練習ができることを、年間300日以上

中級は練習ができることを、年間350日以上

を目標としています。

 

コース内では時間がない方へ、時間管理の方法などをお伝えします。

 

Skypeのレッスンも承ります。

 

🎶私は練習についていけれるのかしら?

 

私のバイオリンレッスン内容はわかったと思いますが、練習についていけれるか心配の方もいらっしゃると思います。

 

そこでどなたでも上達できるように作ってあります。

 

🎶明確なゴール 流行の曲を演奏します。

ただの練習だけだと楽しくないので、流行の曲、有名な曲をゴールとして設定しました。

たとえば結婚式でよく使われるディズニーの曲、日本の歌謡曲、クラシックの名曲などが例にあります。

 

曲の中でポイントをわかりやすく説明し、譜面を載せることにより、わかりやすく分析しました。

なぜうまく聞こえるのかを分析しつつ、そのポイントをお伝えしたいと思います。

 

🎶曲をはじめる時の合図

曲を弾き始める時に、アインザッツというものをやります。このアインザッツをやることによって、演奏の呼吸が合い、素敵な演奏になります。

 

 

🎶価格はどのくらい? 150分になります。

コースによって違いますが、

通常レッスン 3000/50

初級コース 10000/50

中級コース 20000/50

上級コース 30000/50

 

 

🎶他のレッスンより優れている点は?

このレッスンは、私が10年以上にわたったバイオリン研究の極秘指導内容です。

出し惜しみせず内容に関しては盛り込んであります。

市販のDVDや本からでは、得られない情報です。

なぜなら他のDVDや本からでは、医療的な側面など全くでてこないからです。加えてバイオリンを大人から初めて上達された方が出している体系的な指導法はありません。

しかし人間が行動する原理を考えると、そのような医療的な知識と実践は非常に重要になってきます。

 

 

このレッスンは、そこらのレッスン教室よりもあなたを上達させる自身があります。

なぜならば、ちまたで教えている先生方は、少なくとも小さいころからバイオリンをやっていらっしゃる音楽経験者の方がほとんどです。

つまりご自身が未経験者からのスタートでないと、なかなか音楽未経験の方には結果の出るやり方を教えることができないと思われます。

 

しかし多くの方々に「バイオリンを弾くことは楽しいことである」ということを知っていただきたいため、できるだけ手ごろな価格でおゆずりしたいという想いがあります。

 

ですので、まずは体験レッスンを1000円で受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

🎶入会後特典

特典1

1.バイオリンが無料で贈呈

バイオリンをはじめるにあたって1番のハードルがそもそもバイオリンがないことです。

バイオリンを購入するとなると、バイオリン選び、質、金額などさまざまな知識にたけていなければなりません。また何よりも音の判断ができない状態で、なん10万も金額の高いバイオリンを購入するのはおすすめしません。しっかりと音の区別がつくようになってから、高額なバイオリンをご購入してみてはいかがでしょうか?

 

特典2

Facebookの非公開コミュニティーに参加可能

レッスンをやっていると、時には孤独になってくるときがあります。どなたかとちょっとバイオリンについて話をしたい、そう思う時もあるでしょう。

私のレッスンの生徒さん限定でそのような悩みをお互いに交換することができます。

 

特典3 小田の演奏チケット半額

私の演奏会が半額の値段で聞ける

演奏家に行くことも1つの上達の視点になります。

少しでも演奏会にしやすいよう、破格の割引になっております。

 

特典4 考え方を変えるシート

♪考え方を変えるための練習シートを会員特典で差し上げます。

これを使用して「バイオリンは難しい」という考え方を、「バイオリンは難しくない」という考え方に致します。

 

特典5

1か月個別カウンセリング料金 半額 

40,000円(2/月)→20,000円(2/月)

 

楽器の上達にはメンタル面の影響がかなり出てきます。そこで精神科医療に10年程従事して、かつ実践力をもった私が、私とあなたのお時間があったお時間に、Skypeを使用しいつでもご相談することができます。

▲体験レッスン申し込みはこちらになります
▲体験レッスン申し込みはこちらになります

QA よくあるご質問

Q 本当にバイオリンは人前で演奏できるほど上達できますか?効果はありますか?

A レッスンは、実際に現在も教えている練習方法です。そして何よりも自身が全く音楽未経験だったので、とても自信をもってお勧めできます。

 

Q アーティストを目指したいのですが、可能でしょうか?

A この動画はアーティストを目指す方には、少し物足りないところもあるかもしれません。

しかしご自身が上達してきたときに、ご自身の指導法ができると思われます。その際に参考にしていただけたら幸いです。

 

Q 対象年齢はどのくらいでしょうか?

A 対象年齢は16歳くらいからを対象としています。70歳からだったり、年齢の上限は全く問題ありません。

 

いろいろな方の悩みを聞いていると、バイオリンをやることで、バイオリンをやる機会というのは、意外と多いのです。あるいはバイオリンをやらなくても、音楽に触れる機会というのは圧倒的に多いです。

 

たとえば新入社員で「一発芸をやってくれ」と上司がいってきたら、どうでしょう?

そこでバイオリンが上手にうまく弾けたら?

 

その上司だけでなく、周りの同僚もあなたに一目置くことは間違いないでしょう。

 

また医療系や福祉系の方だと、患者さんや介護施設の利用者の方々に、クリスマス会でコンサートみたいなことをすれば、一発で名前を憶えていただけるだけでなく、なんとなく「やさしそう」「知的そう」なおまけも付いてきます!(^^)!

 

さらに想像してみてください。

 

バイオリンが上達することで間接的にカラオケも上達したり、音楽の話もできるようになってきます。

 

こんなシチュエーションありませんか?

 

・飲み会の2次会で、どんな音楽すきですか?と周りにきく

・合コンなどで、趣味はなんですか?と聞かれる

・結婚式の余興

・パーティー会場での演奏

 

どうでしょうか?

 

「バイオリンが人前で演奏できることによって、

これほどまでに人生が楽しくなる」と私の生徒さんはおっしゃってくださいました。

 

私はこの感覚を皆さんに味わっていただきたいと思っており、そしてこの感覚を共有したい方を増やしたいと思ったからこそ、この練習方法を紹介することを決めたのです。

 

「バイオリンを弾く楽しさを体感して欲しい」

という想いがここには詰まっています。

だからこそ、あなたにお願いしたいです。

 

バイオリンを好きになってほしい。

 

そしてこのレッスンが、あなたの新たな人生のきっかけになっていただけたらと思っております。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

ここまで読んでいただいたのも、なにかのご縁かもしれません。

 

バイオリニストとしてあなたとお会いできるのを私も楽しみにしております。

 

そしてバイオリンを弾くことの楽しさをぜひ味わってください。

 

追伸

バイオリンは人前で発表するには10年程かかるといわれています。

しかし私のバイオリン上達法は4か月で身内に披露し、そして1年後にはオーケストラで演奏することができるようにすることも目標としております。

 

大人からバイオリンをはじめた人が短期間に圧倒的に、演奏できるようになるためには、何度も言います。

 

「バイオリンを上達したければ、バイオリンの練習だけをしてはいけません」

 

 

バイオリン以外の練習とは?

そして音楽経験、才能、年齢だけに左右されることなく上達ができる方法とは?

 

また子供からバイオリンをはじめて大人になった方にもいくつか当てはまりますので、ご興味のある方は、また読み進めていただけたらと思います。

▲こちらが料金表になります
▲こちらが料金表になります